住ムフムラボ住ムフムラボ

住むコトアンケート

住むコトアンケート

↓

結果発表:第8回 住むコトアンケート

音声アシスタントについて

アンケートイメージ

〈アンケート概要〉
【実施期間:2017年12月21日~2018年2月28日】
  対象:住ムフムラボ研究メンバー(n=337、Webのみ)

音声アシスタントについて音声アシスタントについて

 今回は「音声アシスタント」についてのアンケート結果をご紹介します。「オッケーグーグル、今日のお天気は?」「アレクサ、キッチンペーパーを注文して」など、CMなどで利用シーンを目にする機会が増えてきた印象ですが、皆さんの日々の生活にはどのくらい浸透し始めているのでしょうか?

回答者数 n=337

「音声アシスタント」の認知度は6割超え、「使っていない人」も6割超え

名前はかなり浸透! 活用されるのはこれから?

 まず簡単にご説明すると、「音声アシスタント」とは、別名「音声エージェント」とも呼ばれ、コンピュータがユーザーの音声を認識し、音声で指示されたさまざまな操作を実行できる機能のこと。Appleの「Siri(シリ)」やGoogleの「Googleアシスタント」、Amazonの「Alexa(アレクサ)」などがこれにあたります。
そんな「音声アシスタント」の認知度は高く、6割強の人が「知っている」※1と答えました。年代別で見ると30代は3人に1人以上が「よく知っている」と答えており、知っているだけでなく、ある程度使いこなしている様子も垣間見えます。逆に「まったく知らない」の割合は、60代で16.2%、70代以上で18.8%と、年齢が上がるほど聞き慣れない人が増えるようです。

 一方、「音声アシスタント」の使用頻度についてたずねると、6割強の方が「現在は使っていない」※2と答えました。使っている人の中でも「ほぼ毎日使っている」と答える方は少数派で、日常生活に溶け込むような使い方はまだまだ模索中である様子がうかがえます。

※1「よく知っている」「まあ知っている」と答えた人の合計

※2「使ったことがない」「使ったことはあるが現在は使っていない」と答えた人の合計

あなたは「音声アシスタント」を知っていますか?(全体 n=337)
「音声アシスタント」を使っていますか?(全体 n=337)

「音声アシスタント」に求めることは?

日常生活の「ひと手間」を減らすアシストを期待

 「音声アシスタント」には、どんなアシストをしてもらえるとうれしいでしょうか。アンケートで上位に挙がったのは、「ニュースや天気等の確認」「Web検索」「音声入力でメモやメールの作成」「家電の操作」で、いずれも日常生活でひと手間が掛かる作業です。こうした作業を人間の指示を受けて、あるいは指示が無くても代行してくれる日常生活の黒子役。そんなイメージを「音声アシスタント」に描いている人は多そうです。

 一方、将来的に普及する可能性がある「10位 健康状態の分析」や「11位 料理のサポート」、「14位 読み聞かせ」などは、現時点ではまだ使用シーンを具体的にイメージしづらいからでしょうか、いずれも順位は低めです。ただ、「健康状態の分析」については、未婚の人だけで見ると半数近い方が「あるといいな」と感じるようで、顔色や声色など、自覚しにくい体調の変化を指摘してくれるパートナー的な役割を音声アシスタントに期待する様子がうかがえます。
また、文字入力ではなく音声入力で作業できることに利便性を感じる方も一定数いるようで、年代別に見ると、70代以上で「第3位 音声入力でメモやメールの作成」と「第7位 予定入力・お知らせ」が全体より多く、50代では「第2位 WEB検索」が全体より多くなっています。

現在音声アシスタントでできること、または将来その可能性があることの一例で、あなたが使いたいと思うものは?(複数回答、上位16項目)

本音を聞かせて!PickUp フリーアンサー“AIには「ちょっと人間らしさ」も求められる!?”

 余計なことをせず黒子役に徹する「音声アシスタント」を求める声がある一方で、たとえ音声だけであっても、便利さだけでなく人間らしさを求める声も(①②)。まるで家族の一員のように家族のイベントごとに関与したり、健康チェックをしてくれたり(③④)、ときには音楽友達や運動のコーチになってくれたり・・・(⑤⑥)。「音声アシスタント」にちょっとした人間らしさが備わり、親しみを持てるようになれば、そんなシーンも登場してくるかも!? 黒子役であれ家族の一員であれ、家族とちょうどいい関係を築けるかどうかが「音声アシスタント」の今後の普及のカギを握ってくるのかもしれません。(⑦)

1.機械的な声でなく、ヒトの声で話をしてくれる。(できれば、家族や好きな人の声で)(女性 50代)
2.利用者の表情を読み取って挨拶やおしゃべりをしてくれる。(男性 60代)
3.家族の誕生日を覚えていてくれて家族の好みを基にお勧めのプレゼントを教えてくれる。(男性 50代)
4.食卓のメニューでカロー計算、アドバイス等をしてくれる。(男性 60代)
5.演奏を一緒にする。(女性 30代)
6.筋トレ中に応援してくれる。(男性 40代)
7.私のような年齢になると出来るうちは自分で考えたり動いたりすることが大事。しかし、無理なことも出てきますので頼り過ぎず考えながら使ってみたいです。(女性 60代)

ボタン

PAGETOPへ