いぬのきもちでNO.1に選ばれました!★ペット研究

ラボのライブラリーにもある雑誌『いぬのきもち』は、ペット雑誌の中でもいちばん購読者が多いそうです。

その『いぬのきもち』が、毎年、アプリユーザー100万人を対象に大々的に実施されている、「犬にやさしいアイテムについて」のアンケート調査。

このたびさまざまなジャンルでアイテムの人気ランキングが発表になり、住宅メーカー部門では積水ハウスが1位に選ばれました!!

昨年にひきつづき、2年連続です。ありがとうございました。

いぬきもno1 いぬのきもち2

 

住ムフムラボのWALLにも「もうひとりの家族」として展示しているペットとの暮らし研究。

いまも新しい研究ワーキングに取り組んでいる真っ最中ですよ。

あなたのペットとの暮らしにもぜひ参考にしてくださいね♪

ペットと暮らす家づくりDearOne

日本のハーブでぽっかぽか★イベントレポート

先日、住ムフムラボでは日本のハーブに注目したワークショップを開催しました。

作ったのはコレ!

寒いこの季節にぴったり、お風呂に入れて楽しむ「バスサシェ」。

作り方はとっても簡単です!

event3

<用意するもの>

ビワの葉と温州みかんの皮とお塩。

ビワの葉には美肌、美白、殺菌の働きがあるアミグダリンという成分、

みかんの皮にはリモネンという身体を温める成分が含まれるそうです。

IMG_5151

<つくり方>

①洗ったビワの葉5枚は室内で乾燥させ、2cm程度にカット。

みかんの皮2個分もハサミでカット、もしく手で細かくちぎります。

生のみかんの皮は乾燥させることで肌への刺激が和らぎます。生のゆず湯で肌が痛むという方は乾燥させてみてください。生のまま使う場合は、作った日に使い切ります。

PIC_0190[1] event1

②2枚重ねにした薬局で売っている無菌ガーゼで、①と天日塩(1.5から2さじ程度)を包んで、麻ひもで結んだら完成!

event2 IMG_5107

日本では、ビワやみかん等の柑橘類の皮は、古くから薬用として使われていたそうですよ。

受け継がれた習慣や先人の知恵をうかがい知ることができますね。皆さんも作ってみませんか。

なお、素材によっては塩分でバスタブ等の浴室設備を傷めることがありますので、ご注意ください。

IMG_5081 IMG_5175

ジャングルスペースから講師をお招きしました。

ジャングル スペース http://jungle-space.com/index.html

 

こんなに重さが違う?★住ムフムラボ新コーナー紹介

016

測りに載せた、大きさもカタチもまったく同じの木製の重り。

ずいぶんと差がありますね!

右と左の重さの違いは、樹種の違いなんですよ。

3周年で新しく加わった『らしく、インテリア』WALLで体験できます。

住まいの中で床や家具など木でできたインテリアに囲まれていると、何となくあたたかく、

落ち着いた気持ちになりますね。

ひとことで「木でできた」と言っても、樹種によって木目や色、堅さや重さが異なるのは当然。

触れてみると、すこしずつ温度も違って感じますよ。

『らしく、インテリア』には、28種類の樹種を展示しています。

家具や床材選びの参考に、ぜひ触ってみて好みの樹種を見つけてみてくださいね。

IMG_0153

他にも、『らしく、インテリア』WALLではiPadを使って簡単にインテリアコーディネーションを楽しんだり、

自分の好みのインテリアテイストがわかるインテリア診断など、気軽にインテリアを考えるツールや、

「紫檀」という樹種の床材を中心にコーディネートしたインテリアの紹介もしていますよ。

ご家族やお友だちと好みのインテリアについて語り合うのは楽しいひとときです。

ぜひお立ち寄りくださいね。

 

 

蚊帳であんしん★8月25日まで!快適な夏の過ごし方 企画展

IMG_4435

灼熱の日々から少ーし暑さも和らいだようで、ホッとしますね。

これからの季節、気をつけないといけないのが蚊の対策です。なぜなら、蚊は気温が30度を超えると、

血を吸う元気がなくなるので、真夏の昼間はあまり活動していないんですね。

まさにこれからが、蚊の活動時期ともいえるようです。

そこで!住ムフムラボからのご提案は、昭和の夏の風物詩、「蚊帳(かや)」です。

 

まだ網戸やエアコンが普及していなかった頃、蚊帳は家庭でとても重宝していました。寝るときには

蚊が入り込まないように、蚊帳の裾を素早くめくってお布団に入っていたあのころ…。

きっと、懐かしいと感じる方もいらっしゃいますよね。

現代では、写真のように自立するタイプもありますので、お庭やバルコニーでの蚊除けにも重宝します。

家庭用のプールを蚊帳で囲ってみるとか。

お家で子どもとキャンプの気分も味わえる?

アソビのイメージをふくらませると、ほかにもいろいろアイディアが湧いてきそうですね(^^)

IMG_1029 IMG_1028

この蚊帳は、いま住ムフムラボで展示しています。ほどよく囲われる心地よさも味わえますよ。

お子さまとご一緒に、また大人のおこもり場所としても良さそうです。ぜひ入ってみてくださいね。

 

企画展開催中「心地よく、健やかに。快適な夏の過ごし方」 8月25日まで

ほかにも夏の快適な過ごし方のアイデアがたくさん。ぜひ参考にして、残暑も元気にのり切りましょう!

http://sumufumulab.jp/sumufumulab/workshop/detail?id=161

油団(ゆとん)でひんやり★快適な夏の過ごし方 企画展レポート

11817213_942007932528232_657097279569364842_n

写真は、油団(ゆとん)といって蒸し暑い夏をしのぐために畳の上に敷く、和紙でできた伝統工芸品。

座るとひんやり、ここちよく、使えば使うほどに艶のある飴色の質感が生まれてきます。

写真の油団は、50年使い込んだそうです。

まっさらの油団と比べると、ご覧のとおりです。

IMG_7783 IMG_7790

広い板敷きの作業場で作られる油団は、ハケをテンポよくたたきながら、和紙を一枚一枚貼っていきます。

14枚の和紙を重ねてちょうどいい硬さになると、表面に荏胡麻油(えごまあぶら)を塗り込み、

天日干しでの乾燥等の工程を経て、完成までに約1カ月。まさに職人の手仕事なのです。

現在は福井県鯖江市の「紅屋 紅陽堂」さん一軒のみで作られています。

今やとても貴重な油団ですから、丁寧に使い続けていきたいものです。

この油団を、いま住ムフムラボのいごこちBOXで展示しています。

ぜひ座って、昔から伝わる日本の夏のエコな過ごし方を感じてくださいね。

企画展「心地よく、健やかに。快適な夏の過ごし方」
http://sumufumulab.jp/sumufumulab/workshop/detail?id=161

この金魚は何でできている?★快適な夏の過ごし方 企画展レポート

たたみ3

毎日暑いですね。

エアコンなしでは寝苦しいけど、エアコンはあまり得意ではない、という方も多いですよね。

まったく、どうしたらこの暑い夏を少しでも快適に過ごせるのでしょう。

・・・などとお考えの方にオススメの企画展「快適な夏の過ごし方」をご紹介します!

 

写真の金魚。実は畳なんですよ。

この畳表は、機械すきの和紙を使っているので、肌にさらっとひんやり。

カタチや色も涼しげですね。

これだとフローリングの上にラグ代わりに敷くこともできそう。

季節でインテリアを着替えるという快適な暮らし方のご提案です。

ラボでは、積水ハウスがこれまでおこなってきた研究から生まれた

生活の工夫や暮らしのアイデアをたくさんご紹介しています。

ぜひ暮らしのヒントにしてくださいね。

http://sumufumulab.jp/sumufumulab/workshop/detail?id=161

たたみ2

 

おいしい365日★料理研究家 白井操先生がラボにお越しになりました

白井先生5

住ムフムラボのWALL 『おいしい365日』がリニューアルされたことを先日レポートしました。

ご参照: http://www.sumufumulab.jp/staffblog/?p=997

リニューアルにあたり私たちの研究に多大なご協力をいただいたのが、

NHK『今日の料理』でおなじみの白井操先生。

その、白井先生が住ムフムラボにお越しくださいました。

『おいしい365日』をご説明する研究員の話にじっくり耳をかたむけていただき、いつしか、

「おいしいって感じるのはどういうとき?」と、次から次へとおいしい瞬間の楽しいお話が飛び出し、

話は尽きません。

白井先生4

白井先生とお話ししていると、いろいろな気づきがあります。

「おうちゴハンっていいな。友人を招いてホームパーティでもしようかな!」

という気持ちになっているのが不思議でした。

白井先生は、『おいしい365日』の大きなモニターで、家族がごはんで笑顔になる秘訣を

語りかけてくださっていますよ。

ぜひ、みなさんもラボで白井先生のお話を聴いてみてください。

ふわっと力が抜けて毎日のおうちゴハンが楽しみになります。

 

 

住ムフムWALL『おいしい365日』が新しくなりました!

smfm1505A

住ムフムラボの「食」にかかわる研究成果『おいしい365日』の展示が生まれ変わりましたよ。

もうご覧いただきましたか?

「お家でおいしく食べるには?」 「家族が効率よくお料理するには?」を日々研究し、

その成果をもとにわかったことを発表しています。

目を引く大きめのモニターでは、私たちの研究に協力していただいた料理研究家の白井 操先生が、

お家でゴハンで家族が笑顔になる秘訣をやさしく語ってくださっています。

smfm1505B

白井先生のホームページにもご紹介いただきました!

白井先生は、NHK 「今日の料理」でおなじみですね。

先生の素敵なクッキングスタジオでの撮影でした。その風景も見どころです。

また、ラボの研究メンバーにもご参加いただいた「キッチンとテーブルの配膳動線実験評価」

の結果も紹介していますよ。

他にもフローチャートであなたの「食スタイル」がわかる診断も。

 

smfm1050C

ハーブの展示もあります。みなさんは、ハーブを育てたことがありますか?

いい香りでお料理にも使えるハーブは、さまざまな効用もありますね。

その活用方法も楽しく展示しています。

あまり使ったことがないなーという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

壁面のグリーンは、ほんもののハーブなんですよ。インテリアとして生育するかどうかを実験中です。

ほのかな香りも感じてみてください。

 

「食」は我が家の中心です。おいしくつくって、おいしく食べる。

おうちゴハンをおいしくするのも家のチカラです。

研究レポート★アラサーが好むインテリアは“ナチュラル&ラスティック”

9図

住ムフムラボの『LOVE×LIFE』では、ミニチュア模型で5つのインテリアテイストを展示しています。

ビー玉を使って人気投票をおこなってきました。

みなさんも投票していただきましたか?

ここでは、若年層のインテリアニーズを探っています。

新しい画像 (3)

20代後半~30代前半では男女ともにいちばん人気だったのが上の写真、

「ナチュラル系パパの食が真ん中の家」です。

図10

次が上の写真、ラスティックテイストの「自分磨き男子のアンティークリビング」。

いま注目のラスティックインテリア。 直訳すると“田舎の”や“素朴な”となりますが、

自然素材に人気が集まっているようです。

 

図11

この投票、2014年2月1日から2015年1月31日までの1年間で、なんと4007票も集まりました。

用紙アンケートも合わせて、ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました。

若年層向けの住まい研究に役立ててまいります。

 

 

 

住ムフムラボ研究「おいしい365日」が積水ハウスのカタログに登場

図2

住ムフムラボの研究メンバーのみなさんにご参加いただいた、

「キッチンとテーブルの配膳動線評価」の成果もたっぷり入っている

暮らし方カタログ『すまいすまいる おいしい365日』が完成しました!

“家族のおいしい顔をつくるのは、お料理の味だけじゃないと思う”

というコトバからはじまるこのカタログ。

ご興味のある方は住ムフムラボのウォール「おいしい365日」で

ぜひ手に取ってご覧くださいね!