フォトコン開催中!instagram★大草直子「暮らしコーディネート」展コラボ記念

image4

人気スタイリストの大草直子さんは、ファッションとインテリアを決めるプロセスには共通点がある、

とおっしゃっています。

ラボで開催中の企画展 『大草直子「暮らしコーディネート」』 は、もうご覧になられましたか?

image2

大草直子さんとのコラボを記念して、instagram「わが家の#ファブリック術」フォトコンテストを開催中です!

いつものテーブルにクロスをかけただけで食事の時間が楽しくなったり、

クッションカバーを変えるだけで気分が変わったり。

家の中のファブリックはインテリアの大切な要素ですね。

ぜひあなたのお家のファブリックの写真を投稿して下さい!

 

ご応募いただいた方の中から、企画展のクローゼット衣装展示にご協力いただいている

ウィムガゼットの素敵な限定アイテムをプレゼント!

「わが家の#ファブリック術」フォトコンテスト

https://www.sekisuihouse.co.jp/facebook/enq/instagram/fabric/index.html

 

image-convert_cman_jp_20170301160051. ←QRコード 「わが家の#ファブリック術」フォトコン応募方法

 

企画展へは、毎日、遠くは九州や中部、関東エリアからも多くのお客様に足を運んでいただいています。

あらためて大草直子氏のご活躍ぶりを実感しています。

企画展もフォトコンテストも3月20日まで。

インテリアやファッションにご興味のある皆さん、ぜひ遊びにいらしてくださいね!!

 

まもなく終了ですよ~★フォトコン「お弁当」お待ちしています!

12118886_975500402512318_4260629260045595530_n

ちょっと恐ろしいハロウィン弁当ですね。

ただいま開催中の第5回 フォトコンテスト「おいしさぎっしり。あなたがつくる手づくりお弁当」に

投稿していただいた、hikaruさんの写真をご紹介していますよ。

シーズンならでは!といえば、他にも運動会でお弁当を囲む家族の笑顔をパチリと切りとった

楽しそうな写真も投稿されています。

「みんなの応募をみる」 ボタンでみなさんが投稿した写真も覗いてみてくださいね。

http://sumufumulab.jp/sumufumulab/photocontest/photocontents?kai=5

そして、“よ~し。参加してみようか。”と思われたあなた!!

お急ぎください。このフォトコンテストは、10月18日(日)までです。

お子さまがひとりで奮闘している姿や、お弁当男子の自慢のお弁当も大歓迎です。

ルールはすべてひとりでやる!ということ。

詳しくは下記をご確認くださいね。楽しい写真をお待ちしていまーす。

http://sumufumulab.jp/sumufumulab/photocontest/

 

イベントレポート★平野愛の「くらしの風景」撮影ワークショップ

IMG_7426住ムフムセッションも好評だった平野愛さんのワークショップ「素敵に撮ろう。 “くらしの風景” 写真」

のワンシーンです。

実習中、参加メンバーからの質問を受け、平野さん自ら脚立に乗って撮影してくださいました。

キッチンやおいしい食事の写真を撮る時には、思いきって俯瞰で撮るのもよいという実践です。

IMG_7399

参加メンバーの撮影された写真もその場でサクサク講評。そしてみなさんと共有。

とてもよくわかりますね。

IMG_7387

参加メンバーと一緒に構図を決めたり。

プロなのにスマホも使うの?と驚いてしまいますが、お家ではよくスマホで写真を撮られるそうです。

それはなぜかというと、「そこにスマホがあるから」とのこと。

 

ワークショップは、座学と実習の二本立てでした。

座学の中では、事前に参加メンバーから寄せられた質問にも丁寧に答えていただきましたよ。

誰もが撮影するときに悩んでいることが多かったので、ここでも少し紹介しましょう。

質問 「誕生日などの特別な日のお料理を撮影するときに、フラッシュをたくとステキに撮れない」

平野さん 「明るい自然光で撮れる時間帯にお誕生日会を開きましょう」

家の中は、基本的に暗いもの。

自宅のリビングやダイニングが明るいゴールデンタイムに撮影するのがいちばんのコツだそうです。

でも、ほとんどのスマホには標準で広角レンズが搭載されていますし、レンズも明るいので

室内を撮るカメラとしては適しているようですよ。

 

質問 「寄りの写真を撮るために、すぐにスマホのズーム機能を使ってしまいます」

平野さん 「ズーム機能を使うとせっかくの写真も画像が荒れてしまいます。自分から被写体に寄りましょう」

できるだけズーム機能を使わないのも美しい写真を撮るコツです。

 

質問 「ネコをうまく撮りたいんですけど」

平野さん 「動物も子どもも、寄りすぎず声をかけないことです。じっと待ちましょう」

名前を呼んでこっちを向かせた瞬間に、「くらしの風景」ではなくなってしまうということなんですね。

あの時、このオモチャがお気に入りで、こんな遊び方もしていたな。

・・・などと、後で見るとその時代の暮らしの記録にもなっている、

そんな「くらしの風景」をステキに残していきたいものですね。

残念ながら、講座には参加できなかったという方!

この時に教わったすべてがわかる『平野愛のWEB写真講座』をご参考に。

https://www.sumufumulab.jp/sumufumulab/workshop/photo01

そして、素敵な写真が撮れたら開催中のフォトコンテスト「発見!すてきなわが家の風景」に

投稿をお待ちしています!!  優秀賞には平野さんのコメントがもらえますよ。チャンスです!

https://www.sumufumulab.jp/sumufumulab/photocontest/photohirano

平野愛のオシャレな写真塾レポート★「くらしの風景」を撮るコツは?

今宵は、トークイベント「くらしの風景」を撮る。平野愛のオシャレな写真塾を開催。

平野さんの作品は、住ムフムラボのコラムでもおなじみですね。

平野さんが空間の写真に興味をもたれたルーツは、遡ること30数年。

生まれ育った、京都の古い洋館での暮らしにあるそうです。

IMG_7162

紹介していただいた写真には、アールのついた室内の入口や造りつけの暖炉が素敵に写っていて、

当時の暮らしぶりが見えてくるようでした。

 

テーマは「くらしの風景」。

ズバリ教えていただきましたよ。上手に撮るための5つのポイント!

お仕事柄、お家の写真を撮られることの多い平野さんも、じつは家の写真は難しいとおっしゃいます。

IMG_7175 IMG_7182

なぜなら、暗いから。

例えばマンションなどでは玄関は自然光が入らない暗いところが多い。

そんなときは諦めないで、ドアを開けて光を入れてから撮るのがコツだそうです。

自然光はとても大事なので、東向きのリビングなら朝に、西向きなら午後に撮影するとうまくいきます。

まずは、家の中の「明るいところ探し」から。

 

また、これさえ守ればほとんどOK!とおっしゃっていたのが、「正面を見つける」こと。

1にも2にも水平と垂直をきっちり出すことなんだそうです。

たしかに、紹介される室内写真は、タテとヨコの線がきっちり正しく表れたグラフィックアートに見えてきます。

カメラの画面の四角をガイドにするだけでもずいぶん違うようです。

 

アングルを決めたら、「ちょっと片付ける」のもポイント。

片付けることで、撮りたいモノが浮き立ってくるわけですね。

 

モデルが入った写真は味わい深くなります。

そんなときも“こっち向いてー”と言って撮ってしまうのではなく、

平野さんの場合は、アングルを決めてココに人がいるといいな、

という場所に家族を呼んで、動作も指示して入ってもらうそうです。人もスタイリングのひとつなんですね。

モデル入りの写真のコツは、「人を動かす」こと。

図1

 

最後に「味付けする」。

平野さんの作品には“ミント系の空気が流れている”と江さんがおっしゃっていました。

なんとなくわかりますね。

そのワザも教えていただきました。

今もフィルム写真を撮っておられる平野さんは、現像のときにマゼンタ(赤色)を引くのだそうです。

色調を調整ですね。スマホの写真アプリなどでもチャレンジできそうです。

 

いかがですか?なんだか素敵な写真が撮れそうだと思えてきましたか?

現在、住ムフムラボサイトでは、平野さんが審査員をしてくださるフォトコンテストを開催中ですよ。

http://www.sumufumulab.jp/sumufumulab/photocontest/photohirano

寄りすぎず、ちょっと引いて撮ると「くらしの風景」が撮れますよ、というアドバイスもいただきました。

何枚でも投稿できますので、気軽に挑戦してみてくださいね。

優秀作品にはプレゼントの他に、平野さんからコメントもいただけます。

いまラボのファサードには、平野愛さんのくらしの風景写真がたくさん飾られています。

ぜひぜひ、参考にしてください。

IMG_7181

webでも共創研究中!webアンケート、フォトコンにご参加ください

IMG_5013-1

住ムフムラボサイトでは、現在2つの共創研究を実施中です。

ひとつめは、フォトコンテスト『あなたの「おいしい」はどんな時?』です。

おいしいしそう~!!と思った時、ついついケータイのカメラで写真を撮ってしまうことってありませんか?

そんな中から、是非とっておきの1枚をフォトコンテストに応募してください。

お料理自体がおいしそうなことも多いかもしれませんが、おいしい要因っていろいろあると思いませんか?

住ムフムラボでの「おいしい365日」研究では、そんな要因をたくさん探しています。

家族がそろったから。 窓からのお庭の景色がきれいだから。 お父さんが得意料理を作ってくれたから。 いつもの照明をキャンドルにしてみたから。 丹精込めて育てた野菜だから。 釣ってきた魚を一夜干し・・・etc.

あなたが「おいしい」と感じた要因が見えるステキな写真を投稿してくださった研究メンバーさん、上位4名様には、おいしい賞品をプレゼントしますよ。

詳しくは<アルバム>をご覧ください。http://www.sumufumulab.jp/sumufumulab/photocontest/

QRcode ←スマホやタブレットからフォトコンに応募する!

 

ふたつめは、「防災アンケート」です。

あなたの防災にまつわるお考えをお聞かせください。所要時間は15分ほど。

こちらもお答えいただいた研究メンバーさんの中から、抽選で20名にクオカードをさしあげます。

詳しくは、<アンケート>をご覧ください。http://www.sumufumulab.jp/sumufumulab/enquete/

QRcode ←スマホやタブレットからアンケートに答える!

締め切り間近!!! おうちでどんな運動してますか?

【締め切り間近!!! おうちでどんな運動してますか?】

食事、睡眠、運動 などなど日々の健康管理には色々ありますよね! みなさんはどんなコトに気をつけて暮らしていますか?? 僕は以前ダンベルを買いましたが、今は”文ちん”にしかなっていません。。。

住ムフムラボ 第2回フォトコンテストのテーマは
「おうちで運動どうしてる?」
です。みなさんの日々の宅内の運動をぜひご紹介下さい。優秀作品3点には豪華景品! 佳作20名にはクオカードが当たりますよ!みなさん奮ってご応募下さい。

また、みんなの運動の工夫を見て見たい方もぜひコンテストの画面をご覧下さいね!

詳しくはコチラ
http://www.sumufumulab.jp/photocontest/index.html

第1回フォトコンテスト受賞作品!

Kです~ 第1回フォトコンテストへのたくさんのご応募ありがとうございました!! どれも素晴らしい作品ばかりで受賞作品を選ぶのは大変でしたが、スタッフも感心する作品を選ぶことができました。 受賞作品は住ムフムラボでのパネル(写真)やホームページでご覧になることができますよ。皆さんもぜひみんなのキッチン収納の工夫にフムフムして下さいね!

http://www.sumufumulab.jp/minna/index.html

ところで、今は研究メンバー参加型の研究「住むコトアンケート」を実施中です! こちらも簡単なアンケートですのでぜひご参加くださいね~

「住むコトアンケート」 10月31日まで

http://www.sumufumulab.jp/enquete/index.html