100種類のケーキ!?

image

住ムフムラボのお隣にあるスイーツ・ラボさんでは、いま一周年を記念して大手前8名のシェフが総力をあげて作る100種類のケーキが6月29日まで店頭にお目見えしています。

100種類のケーキとは圧巻ですね! 期間中あなたは何個制覇できるのでしょう…? 持ち帰りもイートインも出来るとあって女性を中心に人気ですよ。このGWにぜひお出かけになってみてはいかがですか。お帰りには住ムフムラボで美味しいコーヒーと本をお楽しみくださいね。

http://www.sweets-lab.jp/event/1515/

image

image

住ムフムラボ研究発「しめ忘れお知らせキー」が積水ハウスの標準アイテムに

図3

住ムフムラボのダイアログ・イン・ザ・ダーク「対話のある家」でおこなった

少しめずらしいワークショップ。2013年度に開催しました。

まっ暗闇の中で研究メンバーのみなさんや、視覚障がいのあるDIDのアテンドが一緒になって

試作品に触れ、比較しながらいろいろな意見が飛び交いました。

見て、触ってわかる「しめ忘れお知らせキーⅡ」はこうして誕生したのです。

このたび「しめ忘れお知らせキーⅡ」は、新しくお建ていただく

すべての積水ハウスの戸建住宅の玄関に採用することができるようになります。

 

「パパ料理のススメ」

image

Kですー。健康をテーマにした“今月のスムフム本”は今回が最終回となりました。最終回はズバリ食を切り口にした本をと探してみたらありましたよ!「パパ料理のススメ」。見た瞬間、僕はもうこのタイトルに一目惚れしました!それではパパ料理研究家の滝村雅晴さんのこの本をご紹介します。

この本がユニークなのは“パパ料理”という新しいジャンルを構築し、他の料理本と一線を画しているところですね。僕も料理するのが好きなのですが、本書が指摘する“男の料理”が好きなのかもしれません。「男の料理は、自分の作りたい物を、自分の都合でつくる男の趣味料理」だそうです。ウッ、そういえば、スパイスや包丁、鍋の種類、ブランドもののおろし金などなど、グッズは収納スペースを考えず必ず手に入れてしまって…。

じつは“パパ料理”と“男の料理”は似て非なるもの。自分のために作る“男の料理”に対して、“パパ料理”は「自分のお腹が減っていなくても家族のために作る家庭料理」なのです。だから料理をしながら砂糖や塩の使用量など、普段の食べ物のなかに何がどれくらい含まれているかなどに気がついたりもするんです。これが“男の料理”だとまったく自分本位…。なるほどですね。

猛烈なこだわりで熱中する男性の作る料理は美味しいかもしれません。でもキッチンや冷蔵庫の収納やコストを無視していたら、お料理しても感謝されないどころかマイナスな感じですよね。素材やレシピにこだわるのもわるくはありませんが、やっぱり家族のために作る料理はみんなに喜ばれますね。そうした考え方に触れることのできる「パパ料理のススメ」は、世のお父さん達に大変オススメな1冊です。

パパ料理のススメ、「おいしい365日」のコーナーにあります。

あと、残念なご報告が1点。実はKのこのブログ、当面この投稿が最後となります。これからしばらく育休を取得して、イクメンの専業主夫で頑張ります。(ということで、本書に惹かれたのでした)みなさまこれまで本ブログをご覧いただきましてありがとうございました!!って、ブログはもちろん続きますので、引き続きご愛顧くださいませ。

 住まいや住ムフムラボ、ブログのことなど、Kにご質問等ございましたら、teranishi001@sekisuihouse.co.jp までお気軽にご相談くださいね。それではまたお目にかかる日までお元気で。ごきげんよう。

「長生きのコツ」

image

Kですー。「元気で健康な毎日を送りたい!」って思わない人はいないですよね。そのコツをまとめたのが本書「長生きのコツ」(復刻版)です。

じつは100歳の方の、この声が本書復刻に結びついたのです。

『長寿のコツをまとめた本を買った。そして、その本に書いてある通りに毎日を過ごしてきたら、健康に、元気に、100歳を迎えることが出来た。だからひと言お礼が言いたい。』という経験に基づいた説得力にあふれる貴重な声には、インパクトがありますね!

さて興味ある内容ですが、薬草、薬酒、きのこ、食生活、ツボ(自分で出来る指圧)、運動・体操、生活術、その他の知恵などが満載。ツボを抑えたポイントに、読みながら思わず僕は「なるほどねー!」の連発です。なかでも髪を若く保つコツは、白髪が目立つ僕としては目から鱗の連続でした。『髪の主成分はタンパク質なので上質なタンパク質を毎日摂ること。ビタミンEを多く含み血行を良くする、玄米、ナッツ、ゴマを食べること。ワカメはヨードを含み、新陳代謝を高める甲状腺の働きを活発にして、髪の発育を促す。』ということです。俄然やってみようという気になりましたね。これで将来、髪が黒くなったらうれしいな。

ちなみに本書によると、ストレスを受けると自律神経の働きが鈍って血行が悪くなり、頭皮の血行も悪くなるので、白髪や抜け毛が多くなるということでした。これまた「なるほどねー!」です。

本書はご自身の健康管理の他、ご両親、おじいさんおばあさんへのプレゼントにもぴったりだと思いますよ。

長生きのコツ、「長生きっていいね」のコーナーにあります。

バルーンアート教室開催しました

皆さま、こんにちは(^^)/

4月になっても寒い日が続いてましたが、皆さまいかがお過ごしですか?
お花見は行かれましたか?

「住ムフムラボ」では、12日(土)13日(日)の2日間で【バルーンアート教室】を開催しました。

開始時刻前から「まだぁ~?」と待ちわびているお子様達が可愛らしくて、
スタッフはきゅんきゅんしていました。

教えて下さったのが、京都大道芸倶楽部『ジャグリング ドーナツ』のお兄さん達。
いざ始まると、「何を作るの~?」と興味津々な眼差しで、お兄さんのお話に耳を傾けていました。

image

バルーンアートを作るのは初めての方ばかりで、最初は怖がりながらの作業でした。
ギュッギュッいう音にビクビクしながらも一生懸命に作ってくださいました。

完成したカラフルなウサギさん達によって、皆さまのお顔が笑顔で満ち溢れ、大変嬉しかったです。
「初めてなのに上手に出来ている」と、お兄さん達からお褒めのお言葉も頂きました。

image

ぜひ完成した作品はお家に飾ってくださいね。
1週間程度はもつそうで、最後まで見届けてあげて下さい(^^♪
(ここだけの話…お兄さんから聞いたのですが、熱風をかけると生き返るかもらしいです!
私も自分で作ったのを持って帰って実験してみます)

色々なイベントを実施してきた「住ムフムラボ」も4月26日(土)で1周年を迎えます(・∀・)
感謝の気持ちを込めて、【4/26~5/6】の期間に来場いただいた研究メンバーの皆さまには素敵なプレゼントをお渡しいたします。
ぜひ、GWは「住ムフムラボ」にお越し下さいませ。スタッフ一同お待ちしております。

また、5月のイベントも色々と計画してます。

11日(日)        色育講座(母の日ワークショップ)
17日(土) 18日(日) 手作り照明&ライトテラピー

是非こちらもふるってご参加くださいね。

ツキを呼ぶカラダづかい 体を整える

image

Kですー。今月は「健康」というテーマでスムフム本をご紹介します。

皆さんは健康に自信ありますか? 僕は中学高校と皆勤賞、しかも虫歯なしを自慢に生活してきましたが、ここ数年の不摂生のためか、病気したり、虫歯を作ったり、かつての健康自慢がいまではすっかり霞んでしまっています。

そこで、健康を取り戻したいと思い、ヨガの本を買っても、食事の工夫を聞いても、禁酒禁煙を勧められても、すぐに飽きてしまうんです…ダメダメですね。

豊かな生活の基本中の基本はまず自身が健康であること。そこで参考になる本がないかなと住ムフムラボをウロウロして見つけたのがこの本「ツキを呼ぶカラダづかい 体を整える」です。著者の桜井章一さんのプロフィールをみるとビックリです! 大学時代に麻雀に触れ、のめり込む。裏プロの世界で勝負師として瞬く間に頭角を現す。現在、麻雀を通じて人間力を鍛えることを目的にする「雀鬼会」を主催するなど、健康をテーマにした本の著者としてはかなり異色です。

この桜井さんが大きな勝負があるときにはポケットに小石や枝切れがゴロゴロと入っていたそうです。これは無意識で拾っていたということですが、勝負に挑むとき無意識に少しでも自然に触れたいという意識であったのではないかということです。

僕は仕事柄、植栽や材木に関わることが増えて、植物を含む自然の美しさに魅了されてすっかりハマっているのですが、分野を問わず自然界に学ぶべきものがたくさんあるのかなーと思いました。

自然な姿を目指す桜井さんの解説する体の整え方も実にユニークです。ここでは、「肩こり」を減らす体操について少し紹介します。パソコンや携帯端末の画面を見る時間が増えたために、目が疲れている人が多い。目が疲れると、どうしても肩にくる…。そんな肩の凝りをほぐす体操は、至って簡単なことのようです。

1.足を肩幅よりやや広めに広げて立ち、リラックスする。

2.両手を前に軽くおろし、手の甲同士を合わせる。

3.その状態で両手を胸の上に持ち上げる。その際、肩と背中も上へ持ち上がる。持ち上げた両手は斜め上に放つ。これを数回繰り返す。

たったこれだけです。メチャメチャ簡単でしょ。僕もやってみたんですけど、効いて楽になった気がしています。

体を整える、「からだとこころ」コーナーにありますよ。

住ムフムラボの盆栽をご紹介!今週はキチジョウソウ

Kですー。すっかり春ですね!お花見、楽しんでいらっしゃいますか?

僕の家の近所でもサクラがチラホラ咲いています。すると、花に引き寄せられた、首からカメラをぶら下げたシニアの姿もチラホラ。また、ウチのムスコ達の保育園のお庭にもサクラの木が生えていて、入園気分が盛り上がります。サクラをこよなく愛する日本人。自然の恩恵に感謝しながら季節を楽しみたいですね。

しかしながら、今日は「家に植えておいて花が咲くと縁起がよい」といわれている、吉祥草(キチジョウソウ)をご紹介します。

キチジョウソウをはじめヤブランの仲間は、秋に花が咲くのですがシュッとした常緑の葉っぱがきれいでオススメです。タマリュウやリュウノヒゲを入れられる方が多いと思いますが、お花がかわいいのは断然ヤブランかなーと思います。なおヤブランの仲間は丈夫で日陰でもOKなので、お花は比較的簡単に咲くかなーと思います。ぜひお試しくださいね。

image

(photo by 村松 朗)