夏と冬、住まいのひと工夫

K(育休中)ですー。毎日暑いですね。。。 エアコンや冷蔵庫のない昔のヒトは一体どんな工夫をしていたのでしょうか・・・ 風通し、打ち水、風鈴、、、あれこれと工夫していたということですが、面白い、贅沢な工夫を見つけたのでご紹介します。

奈良にある「志賀直哉旧居」は、昭和初期に志賀直哉自身が設計し保存されたというもので数寄屋と洋風が合体した合理的な建物です。僕がすごく気に入ったのは、夏と冬で仕事部屋(書斎)が違うこと。寒い冬は南向き日向の2階で、暑い夏は1階の北向きで。夏の書斎は部屋は薄暗いのですがテーブルの上だけポワッと明るく、涼しくて集中出来きたそうです。北向きの窓は昼間庭のみどりがキレイに見えるのも魅力的でした。

うちの中に書斎を2つはムリでも、夏と冬で寝床を換えたり、おもちゃやパソコン置き場を換えたり、自宅内移住もいいかなと思いました。

ドラえもんに会えますよ~

image

グランフロント北館1階の大きな吹き抜け“ナレッジプラザ”では、いま大勢のドラえもんに会えます。思わず立ち止まって記念写真するお客様が続出!

地下1階 イベントラボで開催中の『生誕80周年記念 藤子・F・不二雄展』にちなんでドラちゃんの集結です。藤子・F・不二雄展は10月5日までの開催ですが、ここの場所に彼らがいるのは、ずーっとではないらしいですよ。

image

気になった方はお早めに。そして、住ムフムラボにもぜひお立ち寄りくださいね!!

http://www.fujiko-f80.com/junkai/index.html?true

江戸時代から受け継がれる音色です~♪

image

この夏の住ムフムラボは、涼しげな風鈴の音色でお迎えしていますよ。
ガラス製の江戸風鈴。江戸時代から今も東京で受け継がれ、変わらず1点1点手作りされているのです。

 そしてこの19(土)20(日)は、味わい深いこの風鈴をアレンジして作るワークショップ「涼を呼ぶオリジナル風鈴づくり」を開催しますよ。 
江戸時代の人たちが涼を感じていた音色を今も楽しめるなんて素敵ですね。
 当日10時から配布される整理券をゲットして、ぜひご参加くださいね。
詳しくは、

さらに!同日、梅田エリアで大々的に開催されるイベント「梅田ゆかた祭」にちなんで、住ムフムラボにゆかた姿で来館いただいた住ムフム研究メンバーのみなさんには、もれなくラボのカフェで利用できるドリンクチケットをプレゼントします。
その場で研究メンバーに登録してもOK!こちらは朝10時からラストオーダー18時半まで、いつでもご参加いただけます。
暑い毎日、住ムフムラボで涼しく快適にお過ごしください。
お待ちしていまーす!!

じつは、カフェです

「本屋さんかと思ってたー。」と言いながら入ってこられるお客様もいるくらい、住ムフムラボにはたくさんの本が並んでいます。その数2,000冊以上!

お好きな本を読みながら、ゆったりくつろいでいただけるようにカフェも併設しています。

冷たい飲みものメニューが充実しましたよ。

まだまだ梅雨の季節に、大阪駅前でこんなくつろぎ空間を思い出していただけるとうれしいです。お待ちしていまーす!!