住ムフムラボは、積水ハウスが運営する、
「生活者」と「つくり手」が互いに
これからの「住むコト」を一緒に考えていく
オンラインプラットフォームです。
皆さんの暮らしがもっと豊かになるよう、
住まいづくりの学びとなる記事や
オンラインイベントの開催など、暮らしに役立つ
情報を配信しています。
みなさんも一緒に、住むコトに“フムフム”しながら
新たな発見をしてみませんか?
※新規コンテンツの更新を一時休止しております。

Study Topics

未来の豊かさを
研究する。

未来の住まいづくりのためのヒントと、
住まいで過ごす時間を
よりいっそう豊かにするアイデアをお届けします。

Interview

ぶっちゃけどうなの? 若手社員に聞く男性育休のリアル

皆さんは、日本が世界で最も「育休制度」が充実している国ということをご存知でしょうか?2021年にユニセフ(国連児童基金)が発表した報告書では、休業期間の長さや取り組みなどの面から日本の育休制度を「世界1位」と評価しています。しかしながら、2020年の日本男性の育休取得率はわずか約12%。北欧などの諸外国と比較すると低い現状があります。 そのような中、積水ハウスは、2018年9月に独自の男性育休制度をスタート。2019年2月以降は取得率100%を継続しており、2021年末時点では、1,000名以上の男性社員が1カ月以上の育児休業を取得しています。 今回、積水ハウスの男性育休制度に携わるダイバーシティ推進部の森本泰弘さんと若手社員が座談会を開催。男性の育休制度やワークライフバランスについてどのような考えを持っているのか、積水ハウスの社員が世代、役職の垣根を越えて語り合いました。

Interview

地方の魅力を再発見! 道の駅から始まる新たな旅のスタイル

皆さんは、「道の駅」へ訪れたことはありますか?近年、地域ならではの特色を打ち出す道の駅が増えて、観光スポットとしても大きな役割を果たすようになりました。今回、全国各地の道の駅と隣接するホテルを拠点に、地域の魅力を再発見する旅の提案と、地方創生をテーマとした「Trip Base 道の駅プロジェクト」について、積水ハウスの道の駅プロジェクト運営統括室の渡部賢室長と、拠点のひとつである和歌山県すさみ町の岩田勉町長にお話を聞きました。

リサーチ記事一覧

Sumufumu Lab
Citizen Science

ともに考え、
発見する。

オンラインイベントへの参加やStudy記事を通じて、私たちといっしょに「自分らしい、より豊かなくらし」について考える、住ムフムラボの会員です。
イベント等多彩な情報をいち早くお届けします。