住ムフムラボ住ムフムラボ

住むコトアンケート

住むコトアンケート

↓

結果発表:第12回 住むコトアンケート

スマートスピーカーについて

アンケートイメージ

〈アンケート概要〉
【実施期間:2018年6月28日~2018年12月3日】
対象:住ムフムラボ研究メンバー (n=1617、住ムフムラボでの紙アンケート、およびホームページ上でのWebアンケート)

 今回は、第8回「音声アシスタントについて」の続編として、そのデバイスのひとつ、「スマートスピーカー」に対する意識や実態についてのアンケート結果をご紹介します。家電量販店の店頭でも目にする機会が多くなってきたスマートスピーカー。暮らしの中で活躍するシーンは増えてきているのでしょうか?

回答者数 n=1617

スマートスピーカーを知っている? 持っている?

6割以上が知っている、でも所有率は1割ちょっと

 スマートスピーカーの認知率は、「よく知っている」「まあ知っている」を合わせると63.1%。これを多いと感じるか少ないと感じるかは、ご自身がどの程度スマートスピーカーになじみがあるかによって変わってきそうです。たとえば、「よく知っている」方については、男性は25.5%いる一方で女性はわずか8.3%と、男女に大きな差が見られます。また、20代では「よく知っている」「まあ知っている」の合計は8割以上と、大多数の方がその存在を知っている一方で、60代は53.7%、70歳以上は44.2%と、世代間の差も見られました。

 所有率については、「持っている」と答えた方はわずかに12.9%。認知はされているけれど、まだ購入者は少なく、各家庭に広がっていくにはもう少し時間が掛かりそうです。ちなみに、スマートスピーカーをお持ちの方に、どの機種を使っているかをたずねたところ、Amazon製かGoogle製であることが多く、そのふたつに回答は分かれました。

■ スマートスピーカーについてご存じですか? / ■ スマートスピーカーを持っていますか?

スマートスピーカーの利用シーンは?

スマートスピーカーは「音楽を聴く」「天気の確認」だけの道具?

 スマートスピーカーをお持ちの方に利用シーンをたずねたところ、3位以下を大きく引き離して「音楽を聴く」「天気を確認する」が1位、2位に挙がりました。これらは、CMでもよく見かける典型的なスマートスピーカーの利用シーンと言えそうです。世代ごとの特徴はそれほど見られなかったのですが、30代で「タイマーのセット」「照明や家電の操作」で少し高い傾向が見られました。日々何かと忙しい方々には活用価値の高い機能なのかもしれません。また、「その他」の回答の中には「子どもの遊び相手として」「プレゼント、景品でもらった」と答えた方もおられ、利便性だけでなく、暮らしを少し楽しくするという要素に期待する方も少なくなさそうです。

■ どのような用途で使われていますか?(複数回答)

スマートスピーカーには満足? 買わない理由は?

使ってみれば便利なスマートスピーカー、じわじわと普及の兆し

 スマートスピーカーを持っている方に満足度をたずねたところ、75%の方が満足していることがわかりました。年代に関わらず、持っている方は概ね満足されているようです。スマートスピーカーを「購入していない」理由については、「スマートスピーカーと連携できる照明や家電類を持っていない」が断トツの1位。こうした機器を持っているかどうかも、購入後の満足度を左右しそうです。今後、スマートスピーカーとの連携機能が付いた家電が主流になっていけば、家電を買い替える際に一緒に買うといった機会が増えそうですし、スマートスピーカーの普及が進んでいくのかもしれません。
※「非常に満足」「まあ満足」の合計

■ スマートスピーカーに満足していますか?(スマートスピーカーを持っている方 n=209)
■ スマートスピーカーを購入していない理由は?(スマートスピーカーを持っていない方 n=1408、複数回答)

ボタン

PAGETOPへ